バスケットボール指導

バスケットボール指導の秘訣【真の指導者へ】

指導者が最初に心掛ける事とは!

バスケットボールの基本技術を教える!

 

指導者として監督、コーチになる事は、教育者になるという事です。

 

バスケットボールが上手くなるための基本的な技術や戦略を選手に教えなければなりません。

 

これは、指導者であるあなた自身が、まずは学ばなければいけません。

バスケットボール指導のコツ

バスケットボールの指導のコツですが、まず、ボールになれさせる
ことが大切です。

 

バスケットボールは球技の中でも比較的大きいボールを使用する
スポーツなので、重さもそれなりにあります。

 

そのため、最初はボールになれていくことが大事です。

 

そのためには、8の字まわしが良いでしょう。

 

これは、ボールをもって両足の間を8の字に回す練習をするもので、
なれてくると、遠心力をうまく使ってまわせるようになります。

 

ボール運びリレーも良く、これはボールを頭の上を通過させ、はやく
目的地まで運ぶというゲームです。

 

ボールを送ったらすぐ後ろにまわってどんどん進んでいきます。

 

進む距離をきめて競争させると効果的です。

 

バスケットボールをやる際、大切なことは正確なパスや、ドリブルが定着することですが、そうかと
いって指導する側が、そればかりを練習させると、教わる側は苦痛になります。

 

バスケットボールで一番大切なのは、実はパスでもドリブルでもありません。

 

それはシュートなのです。

 

だから、みんながボールになれたら、積極的にシュートを練習させるのが、指導のコツです。

 

バスケットボールの効率的な練習法から短期間で選手が上達する指導法!

バスケットボールの効率的な指導法

バスケットボール指導法が知りたいなら、倉田伸司のアーリー
オフェンスマニュアルが良い
でしょう。

 

このマニュアルは、バスケットボールの試合で勝つためには、
いかに多くシュートチャンスを作るかが大切であるかを教えて
くれます。

 

単に攻撃回数を増やすだけなら、速攻が良いのですが、
速攻とセットオフェンスには、メリットとデメリットがあります。

 

そこで、速攻のスピードとセットオフェンスの有利な陣形を組み合わせたのが、倉田伸司の
アーリーオフェンスで、これは理想的とも言えるオフェンスパターンなのです。

 

アーリーオフェンスでは、速いパスワークでボールを繋ぎながら、攻撃に有利な陣形をセット
して、相手のディフェンスが整う前に一気に攻撃します。

 

これは、長身チーム対策としては有効な戦術で、プロチームだけでなく、今のバスケットの
主流の攻撃パターンなのです。

 

アーリーオフェンスが優れているのは、実践方法がシンプルで、即試合で通用するからです。

 

この方法は、バスケット指導経験がない人でも、仕組みさえ理解できれば、すぐに子どもに
教えられます。

 

難しいバスケットボールをシンプルにした方法なので、初心者の新入部員でも簡単に実践
できます。

 

この方法なら、遠回りせずに最短で指導のコツがわかますよ。

 

倉田伸司の〜考えて走るチームをデザインするチーム造り〜

 

1人でできる効果的な練習方法でライバルに差をつける!

バスケットボール練習から最短で上達

バスケットボール上達法としておすすめできる
マニュアルは、NBA解説者、中原雄の一人でもできる
バスケットボール上達練習法
です。

 

このマニュアルを実践するだけで、バスケットボールのスキル
が驚異的にレベルアップしていきます。

 

この方法は1人でもできる効果的な練習方法で、
バスケットボールのスキルを向上させることができます。

 

中学、高校、大学、社会人でバスケットボールに伸び悩んでいる人におすすめ
で、バスケットボールの試合で活躍したいとか、レギュラーになりたい、あるいは、
1人でもできるパス、ドリブル、シュートが上達する練習メニューが知りたい人に
最適のプログラムです。

 

NBA選手や日本のプロ選手も実践している効果のある練習プログラムなので、
信頼できる方法で、この練習プログラムは性別や年齢は関係ありません。

 

誰にでもできる簡単な方法で、枝葉のノウハウではなく、幹となる普遍的な
バスケットボール上達ノウハウなので、真に上達への道を歩むことができます。

 

このマニュアルを手にすれば、遠回りせずに最短で上達することができ、思った
通りのプレーができるようになります。

 

そして、他の選手に気後れすることなく試合運びができるようになります。

 

【NBA解説者】中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法



ホーム RSS購読 サイトマップ
 テニスダブルス戦術サッカー指導